百折不撓

データ系の新米エンジニアとして戦闘中。

排泄

 最近は、土日に何かする気力も残っていないくらいヘロヘロな日が続いていましたが、先週、諸悪の根源がどうにか私の元から去る兆しがやっと見えて、この2日間はホッとして安寧な時間を過ごせました。と言っても、ストレスフルなのは間違いなく、すげーイライラするのでお家で本読んだり、我慢ならなくなったら自転車で川沿いを延々と走ってみたりと、晴耕雨読に生きていました。まぁ、ずっと雨やら曇りだったのでずっと家にいたのですが、精神状態が違うだけでこうも同じ環境が違く感じるとは、『こころ』の大切さをまた感じました。
 そんなわけで、先ほどまで自転車で川沿いを走っていたのですが、自宅から川まで少し距離がありたどり着くまでが大変です。何故大変かというと、自分の方向音痴さが一つ。にもかかわらず、いつも違う道を通って目指すのが一つ。今回は、全然たどり着かないで隣の駅に着いてしましました。ただ、隣駅がこんな近いのは意外でした。
 いつも、「こっち方面だろうな」という大雑把な感覚で目的地を目指すのですが、自分の感覚は相当に粗いというか、方向の割り出し精度がひどい。自分自身で分かっているのは、一度道を曲がるとそれまでの道との相対的な方向を把握できていない致命的な欠陥があるって事なのですが、空間把握能力がめっちゃ低いんでしょうね。どうやったら、体得できるのでしょうか?

 今日は荒川という大きな河川敷を走っていると、日曜日なので河川敷にある野球場やサッカー場で、少年少女が汗を流していました。自分が小学生のころ、チームに女の子がいなかったし、サッカーやっている女の子ってのも聞いたことがありませんでした。しかし当時もきっと、サッカーしたい女の子は少数でもいただろうから、女の子もサッカーできる環境があるってのは良い事なのかなと思います。と、同時に、女の子同士でチーム作って、ゲームできるような環境(人数)があればなとも思います。
 小学生のころではないですが、高校生のころハンドボールをやっていた時に女子ハンドボール部と合同練習をする(させられる)時があったのですが、とてもやりづらかったのを覚えています。特に、ハンドボールは体のコンタクトが多いスポーツだし、ディフェンスの際は、相手の肩と腰を抑えに行くように教えられていました。もうあれですよあれ。そんなん絶対触っちゃうでしょ。でも、書いていて思い出したのは、大学生くらいの時に、女性も交えてサッカーをした事がありましたが、あの時は始めは多少の違和感を感じましたが、プレーしていて特に何も感じずに、一緒にプレーしていたので、サッカーに関してはハンドボールとはちょっと違うかもしれません。うーん、他はバスケットボールとかはやりづらいですかね?ラグビーとかはもう絶対ダメでしょうね。バレーボールとかはどうなんでしょう?コンタクト多くなさそうだし、混合チームとかあっても楽しそうな気がします。

 とまぁ、なんも取り留めもなく雑感を書いて、明日からのまだ去れはしないストレスフルな戦場への絶望感から逃れようとしてみました。

汚くてもいいからlistの長さを揃えるんや!!

python3で長さの異なるlistが2つある。
これらのリストの長さを揃えたい時に、どうすればいいか分からなぁい!
いろいろ考えて、以下のようにして揃えてみた。クソ汚いけど。

a = [0, 1, 2, 3, 4, 5]
b = [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]

max_ = max(len(a), len(b))
a2 = [0] * max_
b2 = [0] * max_

for i in range(len(a)):
    a2[i] = a[i]

for i in range((len(b)):
    b2[i] = b[i] 

print(a2)
print(b2)
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 0, 0, 0]
[0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8]

とりあえず、出来た。ぜってーこんな事せんでもええわ。
何も言うな。いや、やっぱり、もしもこのクソを見かけた方は、もっと良い方法を教えてください。

怒りとの付き合い方

 未だに、怒鳴る人がよく分かりません。何故、怒鳴るのでしょうか。議論や込み入っていない話し合いをしていて、意見が食い違って声が大きくなっていく事はあるのは分かるのですが、自分の立場を利用して声を荒げるのは理解ができません。
 僕がよわよわの甘ったれって事なのは自覚していますが、それでも怒鳴っても相手は委縮するだけだと思います。事象の状況や相手の能力が上向きになる事があるのでしょうか。その時の自分のストレスは解消されるのかもしれませんが、先を考えると、委縮した相手はまた似たようなミスだったり、考え方をしたりと悪循環が生まれる事の方が多いのじゃないかと感覚的には思われます。

 同年齢と比較すると、自分は社会経験が途轍もなく浅いです。だからそう感じるのかもしれませんが、これが当たり前の世界だったら、これは間違っていると強く言いたくなります。感情的にも、状況を好転させる解決策を考えるうえでも、いくらなんでもおかしいと感じました。

 この怒りを忘れて生きていったらいけない気がします。これは許しちゃいけないことです。許さずに正す事が出来るようになりたいと強く思いました。今出来る、明日につながることもあるので、残り少ない今日のうちに出来ることをやります。

リング

 特に言う事ないのですが、今更ながら、アマプラで『レオン』を見ました。いくつかのフランス映画を見て思うのは、何でしょうか、火照るような熱さをぐちゃぐちゃの古新聞紙に包んだ的な美しさ的なサムシングを感じます。ああでも、正確にはフランス映画ではないですね。確かフランス、アメリカ合作でしたね。
 前に見たフランス映画は、確か『シャコンヌ』だったんですが、どちらにも何とも正確に言葉にしづらい情緒を感じます。何と言えばいいのか分からないのですが、どちらにも共通の美意識があるように感じました。きっとそれがフランス映画っぽさなんでしょう。
 いやー、良い映画でした。

anaconda-navigatorのUIが立ち上がらない問題

 Ubuntuに入れたanaconda-navigatorが立ち上がらなくなった。anacondaの起動時のロゴマークが出ているところで止まって、以下のようなエラーメッセージが。

/home/<i>username</i>/anaconda3/lib/python3.7/site-packages/anaconda_navigator/api/conda_api.py:1364: YAMLLoadWarning: calling yaml.load() without Loader=... is deprecated, as the default Loader is unsafe. Please read https://msg.pyyaml.org/load for full details.
  data = yaml.load(f)
2019-06-02 15:27:25,491 - ERROR download_api._get_url:416
Expecting value: line 1 column 1 (char 0)

全く分からないのでグーグル先生に聞いてみると同じ問題は既に起きているようで、一つの対処法として、conda_api.pyファイルを書き換えてしまうというものが見つかった(linkは最後)。具体的には、conda_api.pyのline1364を

#data = yaml.load(f)
data = yaml.safeload(f)

に変更。ただこの変更が、

ERROR download_api._get_url:416 '_DownloadAPI' object has no attribute 'proxy_servers'

みたいなエラーをめちゃくちゃ出すようになるので注意。このエラーメッセージについては調査中なので詳細は分からないが、この変更でanaconda-navigatorが立ち上がるのは確認された。

参考:
github.com

ニュース

 今日の朝方に悲惨なニュースがありましたね。自分の子供であったり、親であったり、近しい人を亡くされた、奪われた人たちの気持ちなんか分からないし、どういった表現をすれば良いのかも分かりませんが、関係無いですが、自分は言葉にならない悲しい気持ちになりました。
 事件を起こしたとされる容疑者は、その後に自ら命を絶ったというのが現在のニュース情報ですが、仮にその人が本当の犯人だったとしても、この世界にいないのだから、繰り返しますが、関係のない僕ですが、どこに気持ちを向ければ良いのか分からなくなります。未来はどんだけ年取った人でもあるけれど、僕よりも随分と若い幼い子どもが亡くなるというのは、そんなのありえないと言う感情が生まれます。人の命は平等と言った倫理?からすれば、亡くなった殺害された男性にも未来があるのだから同じ様な感情が生まれるべきなのかもしれませんが、今自分が34歳で、亡くなった小学生の11歳の子との年の差は23歳。
 自分が11歳の頃から今までを少し振り返ると、決して楽しい事だけじゃなかったけれど楽しい、これだと思った事、モノはたくさんあって、それらは生きていなきゃ経験したり、手に入れられないモノだったと思われます。だからどうした、それはお前の勝手な気持ちだろって話で、エゴから吹き出た感情でしか無いのですが、とにかく悲しい日です。
 こんな気持ちには二度と出会いたくないです。

もう泣きそう

 結局のところ、働きたくないでござるなのである。

 悩みに悩んでMSIのノートパソコンを買って満足して帰路についたが、駅を出ると明日が月曜であることに、すべてが面倒臭くなり今日は絶賛体に悪いことしてやろうとラーメンを食べに行った。ちょうど19:00~20:00くらいに入ったら、だいぶ混んでいてまぁ飯時だからしゃーないと思いながら一人席に座った。店員さんがお水持ってくるのもままならない感じで、これは大変そうだなぁと思いつつ、近くに来た時を狙って注文する。
 15分くらい待った頃だろうか、店員さんが私のもとに頼んでいない餃子2枚とビールを持ってくる。ここからが大変で、海外の方だったからなのか「頼んでいない」が通じない。多分、日本語自体は分かっているっぽかったのだけれど、「頼んでいないです」→「失礼しました~」にならずに、「?でも、餃子です。」と受け取らせようとする。僕の横にいた人も頼んだわけでもなく、どこの注文かも分からない様子。少ししたらフロアマネージャーみたいな人が来て、餃子もって下がっていったのだけれど、厨房の方から聞こえてくる会話を聞いていると、どうも注文とテーブル番号が全くあっていない上、注文の順番もめちゃくちゃって感じで、その後ほかのテーブルに持ってこられるラーメンも全然合ってなくて、もう阿鼻叫喚の炎上という。
 働くってなんでこんな大変なんだろって、すごい悲しかったです。全然まとまっていないけど、そんな事を思った日曜の最後でした。